四声付きピンインをパソコンで入力する方法~声調符号はどこにどうやってつける?

中国語検定2級の勉強方法について記録を残すために始めたブログですが、最近は自分のノート代わりに文法やビジネスで使える表現などをこのブログに記録することを始めました。

そこで一番最初に悩んだのが、パソコンでピンインをどのように入力・表示するのかということでした。

例えば、「再见」のピンインの声調符号(四声)を「zài jiàn 」をパソコンで入力するのはどうすればいいのでしょうか?
スポンサーリンク

1. 四声ピンイン表記方法

調べたところ、パソコンで四声付きピンインを入力する方法には下記4つがあります。

①数字で四声を表す

「zai4 jian4」というように、通常のキーボードで入力できるから簡単にできる。
この方式はピンインに見えないので、読者の方が見慣れないという難点がある。(自分のメモならよいが。)

②四声のパターンを保存しておく

四声のパターンを予め自分のパソコンに保存して、そこからコピー&ペーストで貼り付ける。
すごく手軽にピンインが入力できるが、声調符号がどの母音につくかも含めて正確にピンインを理解していないと入力できないという難点あり。
私は最初は、中国語辞書を引きながら、その調べたピンインを下記声調符号付きアルファベットを使用して再現していた。
 āáǎà
 ēéěè
 ōóǒò
 īíǐì
 ūúǔù
 ǖǘǚǜü

③ネットのサービスを利用

ネットで中国語を入力すればピンインが表示される無料サービスを使う。

④ソフトウェア・ツールをダウンロードする

簡体字をピンインに変換する機能などがあるソフトウェアやツールをパソコンにダウンロードする。
私はこの方法は、見知らぬソフトウェアをインストールするのはちょっと怖いので試したことがありません。

2. ピンインをパソコンで入力するために採用した方法

今までは気軽にピンインを入力・表示できる②四声のパターンを保存しておく方法を採用していました。

しかし、だんだん声調符号を付けたい単語が多くなってくると、②四声のパターンを保存しておく方法だと大変になってきたので、今後は③を使っていこうと思います。

③ネットのサービスを利用
ネットに繋がる環境であれば、②より速くピンインを振ることができます。

上記Webにアクセスすると、下記のようなメニューが表示されます。

私は、簡体字ピンイン変換と、ピンインフォント入力の二つの方法を使っています。

ピンイン変換

(1)簡体字ピンイン変換

中国語の漢字しか分かっていない場合には、「簡体字ピンイン変換」が便利です。
大量の簡体字の中国語をピンインに変換したい場合には大変楽です。キャッシュフロー計算書の表示科目のピンインを付けるのが②の方法でやっていたのでとっても大変だったのですが、早くこのツールに出会っていれば・・・・・・
簡体字から変換
ただ、限界もあり、一つの簡体字で二つ以上のピンインがある場合には、”/”をはさんで併記されるので、単語ごとに使用される声調を自分で選択していく必要があります。
例えば、「的」と入力すると、「de/dí/dì 」と三つの選択肢が表示されるので、文脈によって不要な声調を消す必要があります。

(2) ピンインフォント入力

自分で予めピンインが分かっている場合には、ピンインフォント入力を使えば、声調符号付きのピンインを入力することができます。
ピンインが判明している場合

3. 声調符号をどこにつけるか?

インターネットに繋がらない環境で声調符号を付けるには、②四声のパターンを保存しておく方法も有効です。

しかしこの方法の場合、自分の曖昧な四声の記憶を正しいものにしなければならないので、ハードルが若干高いです。

特に自分でピンインの四声を表記するにあたり、母音が二つ重なる時にどのように表記するか悩みます。

母音が二つ以上ある時には、下記のようなルールとなります。

1) a があれば、のがさずに
→ guǎi , shuài
 
2) aがなければ、eかoをさがす
→ xué , huó
 
3) i、uが並べば後ろに付ける
→ jiǔ ,  kuī

いろいろな方法がありますが、中国語のWord文書などにピンインを付けるなら、やはり簡体字→ピンインに変換するのが一番時間短縮できそうです。

【関連記事】

中国語検定2級を目指しながら、いろいろ中国語勉強方法やビジネスで使う方法について試行錯誤中です。
良かったら他の記事もご覧になって下さい。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする