拉下马:琅琊榜で覚える慣用句・成語表現(15)

中国で大人気だった中国宮廷ドラマの琅邪榜(ろうやぼう)を全54話を、日本語字幕と中国語字幕の両方で鑑賞し、成語・慣用句を抜き出して暗記中です。

それでは第15話で出てきた慣用句・成語を見てみましょう。

スポンサーリンク

1. 第15話の慣用句・成語

第15話に出てきた慣用句・成語表現を抜き出しています。 日本語訳は直訳ではなく、物語に即して翻訳された日本語字幕をそのまま表記しています。

①拉下马:(人を地位などから)引きずり下ろす

就算蒙大统领拉下马,他也没有人可以接替。
Jiùsuàn Mēng dàtǒnglǐng lāxiàmǎ, tā yě méiyǒu rén kěyǐ jiētì.
蒙兄さんを引き下ろしても後任がいない。

②丧心病狂:理性を失って狂気じみる、精神が錯乱する

大年夜在宫墙外刺杀钦使丧心病狂
Dàniányè zài gōngqiáng wài cìshā qīnshǐ sàngxīnbìngkuáng.
後宮の近くで太監を?なんという暴挙だ。

③大发雷霆:かんしゃく玉を破裂させる、かんかんに怒る

据说陛下大发雷霆,当众杖责了蒙大统领二十板子呢。
Jùshuō bìxià dàfāléitíng, dāngzhòng zhàngzé le Mēng dàtǒnglǐng èrshí bǎnzǐ ne.
陛下は(かんかんに怒り)、蒙大統領を杖刑に命じたと。

④心急火燎:居ても立ってもいられない

现在他也刚刚出了点事,殿下就心急火燎地去宫中为他求情,皇上会怎么想?
Xiànzài tā yě gānggāng chū le diǎnshì, diànxià jiù xīnjíhuǒliǎo de qù gōngzhōng wèi tā qiúqíng, huángshàng huì zěnme xiǎng ?
ですが、事が起きたばかりで殿下が嘆願すれば、陛下はどう考えると?

⑤明辨是非:白黒を明らかにする

是殿下明辨是非要伸张正义,还是您与蒙大统领的私交。
Shì diànxià míngbiànshìfēi yào shēnzhāng zhèngyì, háishi nín yǔ Mēng dàtǒnglǐng de sījiāo.
殿下の正義感が強いか、蒙大統領との交流が深いか。

⑥理所当然:理の当然である

有此昏招也是理所当然哪。
Yǒucǐ hūnzhāo yě shì lǐsuǒdāngrán na.
愚策に走ったのだろう。

⑦急功近利:目前の功利を求めるに急である

这麒麟之才也没能拦住他急功近利呀。
Zhè Qílín zhī cái yě méinéng lánzhù tā jígōngjìnlì ya.
麒麟の才子でも、誉王のはやる心を抑えられなかったか。

⑧束手无策:おろおろするばかりで良策が浮かばない

可是禁军依然束手无策,结果会怎么样?
Kěshì jìnjūn yīrán shùshǒuwúcè, jiéguǒ huì zěnme yàng ?
禁軍に打つ手がなければどうなりますか?

⑨以儆效尤:(犯人を処罰して)もって悪事をまねる者への戒めとする

说你无能破不了这个案子,让他撤了你大统领之职以儆效尤
Shuō nǐ wúnéng pòbùliǎo zhège ànzǐ, ràng tā chè le nǐ dàtǒnglǐng zhī zhí yǐjǐng xiàoyóu.
解決できぬから罷免してくれと申し出ろ。

⑩铤而走险:切羽詰まって向こう見ずな行為をする

可是悬镜司雷霆办案,谢玉真的会铤而走险
Kěshì xuánjìngsī léitíng bànàn, Xièyù zhēnde huì tǐngérzǒuxiǎn.
でもあの懸鏡司を相手に危険を冒すかしら?

⑪兴风作浪:波風を立てる

我看是谁想兴风作浪
Wǒ kàn shì shéi xiǎng xīngfēngzuòlàng.
波風を立てる者には容赦しないわ。

⑫闹别扭:仲たがいする

初二那晚你们俩有没有吵架闹别扭什么的?
Chūèr nàwǎn nǐmenliǎ yǒuméiyǒu chǎojià nàobièniǔ shénme de ?
正月2日の夜、兄さんとケンカでもしたか?

⑬假正经:まじめそうに見せかける人

你萧大公子还真是假正经啊。
Nǐ Xiāo dàgōngzǐ háizhēn shì jiǎzhèngjing a.
このえせ君子め。

⑭轻车简从:(地位のある人が)簡素ないでたちで随行者も少なく出かける

怎么会轻车简从跑到我这无人问津之地来了?
Zěnme huì qīngchējiǎncóng pǎodào wǒ zhè wúrén wènjīn zhī dì lái le ?
なぜ誰も見向きもせぬ私のところへ?

⑮拨乱反正:混乱をしずめて正常に戻す

户部被楼之敬弄得一团糟,正要靠你拨乱反正
Hùbù bèi Lóuzhījìng nòngde yī tuán zāo, zhèngyào kào nǐ bōluànfǎnzhèng.
貴殿は今戸部を正そうとしているところだ。

2. 琅琊榜 第15話あらすじ

東宮側の攻勢

太監が殺されたことに激怒した梁帝は、禁軍大統領の蒙摯に杖刑の罰を与え、一方で密かに懸鏡司に調査を命じる。

梅長蘇は今回の事案が蒙摯に対する皇帝の信頼を失わせることが狙いだと気づく。

蒙摯が罷免となれば、禁軍大統領の座を手にする可能性が一番高いのは謝玉だからである。

その頃、戸部尚書の沈追は楼之敬の開いた闇炮坊の証拠を突き止めていた。謝玉は、卓鼎風親子に沈追の暗殺を命じる。一方の梅長蘇も謝玉の動きを封じるべく刺客を放つのだった。

太監が殺された責任を一人で負わされて、また30日以内に犯人の調査を命じられた蒙大統領のピンチ…

蒙大統領が梅長蘇に助けを求めるも、「解決できぬから罷免してくれと申し出ろ」とまさかの冷たい返答。???と思っていたところ、懸鏡司も解決できないような案件を蒙大統領が解決したら、陛下は蒙大統領のことを恐れはばかるようになるから、、、という深い読み!

私は諸葛孔明や沈黙シリーズのライバックのように絶対的な強さが安心して見てられるから大好きです。この琅琊榜が好きなのも、この凡人の遥か上をいく梅長蘇の読みかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする