琅琊榜(ろうやぼう)が面白すぎてDVDを買ってしまいました

中国語の勉強のために、時々中国語のドラマを録画して見ています。

しかし、6歳・3歳の二人の子どもを抱えているため、昼間にテレビを見るチャンネル権はゼロ。。

なので、ドラマを録画しても見なかったりするのですが、この「琅琊榜」だけは違いました。

琅邪榜(ろうやぼう) ~ 麒麟の才子、風雲起こす~

毎回の展開が楽しくて、録画したその日に夜更かしして見ています。現在はBSジャパンで毎週月曜日~金曜日の朝10時57分~12時まで放送されています。今日で全54話のうち48話が放送され、残り6話となっています。

残念なのが、放送しているのに気づいたのが遅く、見始めた時には既に半分以上終わっていたのでした。

DVDを買ってまで見ることは、あまりないのですが、どうしても見たくて一万五千円もするのに第一部を買ってしてしまいました。

スポンサーリンク

1. 琅琊榜あらすじ

政変に巻き込まれながらも一命を取り留めた主人公・梅長蘇(ばいちょうそ)が、家名の名誉回復のため、皇位をめぐる権力争いに身を投じていく宮廷復讐劇です。

“麒麟の才子”を得た者、天下を得る

チャンネル銀河 琅琊榜

南北朝時代をモデルとした中国の架空の時代を舞台に、梁国の将・林殊(りんしゅ)は、父の林燮(りんしょう)が率いる7万の赤焔軍とともに敵国討伐に向かい、壮絶な戦いを繰り広げ勝利を収めたが、死闘により自軍は疲弊していた。

そんな中、赤焔軍の前に味方が現れる。だがそれは援軍ではなく、赤焔軍を殲滅するために派遣された軍であった。これにより、林燮率いる赤焔軍は壊滅。皇帝の長男で賢王として評判だった祁王(きおう)は、反逆を企てたとして自害を命じられ、祁王の母親の宸妃(しんひ)も自ら命を断った。父から“生き延びろ”と言われた林殊は谷底へ落ちていくのだったが・・・。

そして12年後――。梁国では皇太子と誉王が激しい後継者争いを繰り広げていた。そんな彼らは「“麒麟の才子”を得た者、天下を得る」という琅琊閣(ろうやかく)からの助言を得る。“麒麟の才子”とは、梅長蘇(ばいちょうそ)と名前を変え、国の一大勢力のひとつ・江左盟の盟主となっていた林殊であった

梁国の宮廷に足を踏み入れた梅長蘇は、亡き一族や友、そして己の雪辱を果たすために、皇位をめぐる権力争いに身を投じていく・・・。

2. なぜ惹かれるのか

何しろ諸葛孔明バリの知恵で、朝廷のドロドロした世界に的確な判断で復讐を遂げていくところです。

しかも、主人公は大抵、強く勇敢だったりするのですが、火寒毒に侵されたせいで、病弱で闘うなんてとんでもないという主人公なのです。

普通、54話もあれば、間延びしてしまい、つまらない回もあるのですが、今のところどの回も目を離せません。

時間がないので、一回見たドラマを見返すことはあまりしないのですが、この琅琊榜だけは数回見ています。

CMを飛ばす手間を考えれば、何度もこれから見るなら15,000円出しても惜しくない!?

3. 琅琊榜 DVD到着

見過ごしてしまった最初の部分を見るために、DVDを購入しようとしたのですが…下記三つの理由でかなり躊躇しました…

  • 一部が値引きされても15,000円と高い。全3部揃えるとアマゾンでも5万円近くかかる
  • 日本語字幕のみ。中国語の勉強には簡体字の字幕も切替できるものが欲しい
  • 人気があるようなので、待てば再放送されるかも

やはり一部一万五千円が一番引っかかり、何とか見れる手段がないかと色々探しました…

  • 動画が公開されているサイトでも中国国内でしか動画は見れなかった
  • youtubeでも日本語訳が付いたものは断片的な動画しか見つけられなかった
  • 台湾のDVDなら安く売られていましたが、字幕が繁体字のみだった
  • 中国のインターネットショップで購入する方法もあるのでしょうが、日本語字幕はないでしょうし、クレジットカード情報を入れるのも不安

簡体字字幕のyoutubeはあったので、一度テレビで見た部分についてはyoutubeで代替できそうな気がしますが、しかし、見てない最初の部分はやはり日本語字幕で一旦見ないと厳しそう…

なので、いろいろ悩みましたが、琅邪榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~ DVD-BOX1を購入しました。

ジャーン!

%e3%82%8d%e3%81%86%e3%82%84%e3%81%bc%e3%81%86dvd

さ、子どもを早く寝かしつけて見るぞ~!

中国語検定準一級への道のりが長すぎて全くやる気が出ないので、しばらくはこの琅琊榜を見ながら、役立つ表現とかをピックアップする勉強法に切り替えたいと思います。

時代モノなので、「拙者、○○と申す者」というような変な中国語にならないと良いのですが、ここまで興味を持てるドラマも少ないから、多少変な言葉遣いになっても仕方ないかな…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 弥生 より:

    こんにちは。日本語を勉強している中国人です。「琅琊榜」を観ているんですね。胡歌さんの演技もうまいですし、ストーリーも本当によくできていると思います。中国語の勉強、頑張ってください(^^)

    • ありえす より:

      弥生さん
      コメントありがとうございます!
      弥生さんの日本語は日本人と見分けがつかないくらい上手ですね。私も弥生さんのように中国語を書けるようになりたいです!