魂不附体:琅琊榜で覚える慣用句・成語表現(27)

4月はなかなかバタバタして勉強が進みませんでした。新年度が始まり心機一転頑張りたかったのですが、いろいろ生活パターンが変わり、ほとんど勉強ができませんでした。

ちょっと言い訳っぽくなってしまいましたが、中国宮廷ドラマの琅邪榜(ろうやぼう)を見ながら、慣用句・成語を覚えるのは、頑張って続けたいと思います。

長い中国語の勉強生活、間が空いて止めてしまいそうになることもありますが、少しずつでもカメの歩みで進めれば、いつか中検準一級に合格できる(かも)。

スポンサーリンク

1. 第27話の慣用句・成語

第27話に出てきた慣用句・成語表現を抜き出しています。 日本語訳は直訳ではなく、物語に即して翻訳された日本語字幕をそのまま表記しています。

①魂不附体:肝をつぶす、びっくり仰天する

难怪刚才那个太监吓得魂不附体的,原来里面竟是这般胡闹。
Nánguài gāncái nàge tàijiàn xiàde húnbùfùtǐ de, yuánlái lǐmiàn jìngshì zhèbān húnào.
太監がうろたえるわけだな、こっそり享楽にふけっておるとは。

②口干舌燥:しゃべりまくったりして疲れる

③焦头烂额:さんざんな目にあうさま

他还是咬定只有口谕说的口干舌燥,焦头烂额的样子,后面干脆就躲起来不见人了。
Tā háishi yǎodìng zhǐyǒu kǒuyù shuō de kǒugānshézào, jiāotóulàné de yàngzi, hòumiàn gāncuì jiù duǒqǐlái bújiànrén le.
口勅としか言わず、困り切った様子で最後は姿をくらました。

”焦头烂额(jiāo tóu làn é)”は、「顔や頭にやけどをした人の形容」で転じて「さんざんな目にあうさま」を表しています。

④死心眼:頑固な人

⑤对牛弹琴:馬の耳に念仏

你真是个死心眼亏我跟你说了这么半天简直就是对牛弹琴,你就是一头倔牛。
Nǐ zhēnshì ge sǐxīnyǎn kuīwǒ gēn nǐ shuō le zhème bàntiān jiǎnzhí jiùshi duìniútánqín, nǐ jiùshi yītóu juèniú.
頑固すぎるぞ、「牛に対して琴を弾ず」だな、どこまでも偏屈な牛だよ。

⑥烂摊子:手をつけようのないほど混乱した状態

整个烂摊子全部都扔给我了。
Zhěngge làntānzi quánbù dōu rēnggěi wǒ le.
陛下は私にすべての後始末を押し付けたのです。

”烂摊子(làn tānzi)”は、「がらくたを並べた露店」という意味から転じて、「手のつけようのないほど混乱した状態」を表します。

⑦毋庸置疑:疑う余地がない

今天太子输了皇上的圣心,那是毋庸置疑的,但是按照今日皇上的处置来看,却并没有想马上废黜太子。
Jīntiān tàizǐ shū le huángshàng de shèngxīn, nàshì wúyōngzhìyí de, dànshì ànzhào jīnrì huángshàng de chǔzhì láikàn, quèbìng méiyǒu xiǎng mǎshàng fèichù tàizǐ.
陛下が見限ったことは確かですが、すぐに皇太子を廃することはないでしょう。

⑧推波助澜:波瀾を巻き起こして望ましくないことの勢いを助長する

苏先生的意思是让我们不要推波助澜,而是顺其自然?
Sū xiānshēng de yìsi shì ràng wǒmen búyào tuībōzhùlán, érshì shùnqízìrán ?
つまり今は波風を立てず、成り行きに任せよと?

⑨百无聊赖:退屈でしかたがない

如今她久居宫中日日百无聊赖,所以也喜爱这类游记。
Rújīn tā jiǔ jū gōngzhōng rìrì bǎiwúliáolài, suǒyǐ yě xǐài zhèlèi yóujì.
宮中にいると退屈なので、旅行記を読むのが好きなのだ。

2. 琅琊榜 第27話あらすじ

“水牛”

病から回復した梁帝は、皇太子を慰めに行くため東宮に向かうが、なんと皇太子は太皇太后の喪中にもかかわらず酒宴を開いていた。

激怒するも皇太子の処遇を決めかねた梁帝は、口頭で東宮を封鎖するよう蒙大統領に命じてその場を去る。

東宮封鎖の報を受け、朝廷には激震が走るのだった。靖王は蒙大統領から事情を探るべく、秘密の抜け道から蘇宅を訪れるが、すでに誉王が先客として訪れていた。

飛流から待つように言われた靖王は、梅長蘇が自分を“水牛”と呼んでいることを知り愕然とする。“水牛”は、かつて林殊につけられた靖王のあだ名だった。

皇太子は大人しくしていればいいものを、よりによって喪に服している最中なのに、酒宴で騒ぎまくり、皇帝の悪口まで言っているのを皇帝に目撃され、とうとう東宮は封鎖されてしまいます。

靖王のライバル2人のうち1人が消え、残るは誉王との一騎打ちになってきました。ますます目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする