中国語には時制がない?|過去形・未来形はどう表現するのか?

英語を学生時代に勉強した後に中国語を勉強し始めて悩むのは、過去形・未来形という時制について中国語でどのように表せば良いかということです。

というのも、

中国語には時制がない

と言われるからです。では、時制がないのに、どのように過去や未来のことを言い分ければよいのでしょうか?

一つの方法が「時を表す副詞」を動詞の前に持ってくることです。”昨天”と言えば過去だし、”今天”なら現在、”明天”なら明日というように、時間を表す句を使えば、その時制になると説明を受けました。

<過去形>
昨天去上海。
Wǒ zuótiān qù shànghǎi.
私は昨日上海に行きました。
 
<現在形>
今天去上海。
Wǒ jīntiān qù shànghǎi.
私は今日上海に行きます。
 
<未来形>
明天去上海。
Wǒ míngtiān qù shànghǎi.
私は明日上海に行きます。

日本語では、過去形は「~した」というように語尾が変化しますが、現在形と未来形は「~する」と同じ形で、未来形でwillを使用する英語とは異なります。中国語では、過去と未来の区別もあまりなく、時間を表す句を動詞の前に付けることによって時制を表すことができます。

“昨天”、”今天”、”明天”で過去形・現在形・未来形を表すというところまではご理解頂けたでしょうか?

ここまではあまり悩まずに来れるのですが、次にアスペクト(態)という概念が出てくると途端に難しくなります。

アスペクト(態)

アスペクトとは日本語でいう、「もうすぐ食べる、食べ始める、食べている、食べた」など食べるという動きが今どの段階にあるかを表すものです。

代表的なアスペクトとして、動作が完了したり、そのことが実現をみたという動作・行為の姿を現す完了・実現のアスペクト”了”が挙げられます。

我看今天的报。
Wǒ kànle jīntiānde bào.
私は今日の新聞を読みました。

日本語に翻訳すると、「~した」と訳すため、「過去形」があるじゃない??と思ってしまうのですが、完了・実現の”了”は時制からは自由で、現在・未来の表現にも使うことができます。

明天我下课,给他打电话。
Míngtiān wǒ xiàle kè,  gěi tā dǎ diànhuà.
明日授業が終わってから、彼に電話をします。

この場合の”了”は、過去・現在・未来に関係なく、複文の前半で動作完了という条件を表します。日本語の「~してから」にあたります。

“了”は完了を表すアスペクトであって、過去形ではない

「アスペクト」は動きの段階を表すものであって、時制ではないということを肝に銘じておきましょう。

それでは、何となく「アスペクト」という中国語特有の概念を理解し始めたところで、代表的なアスペクトは5つありますので、まずこれをご紹介します。

①未来:就要~了、快要~了、要~了

ある動作がまもなく起ころうとしていることを表し、「もうすぐ~する」という場合には、”就要~了”、”快要~了”、”要~了”という表現を使います。

飞机起飞
Fēijī yào qǐfēi le.
飛行機はまもなく飛び立つ。

未来を表すアスペクトの表現方法には切迫度合いによって5つの表現があります。

②動作の進行:在、正、正在 ~呢

「~しているところ」という動作や状態が進行していることを表すには、動詞の前に”在” “正” “正在”を入れるか、文末に”呢”を入れます。

“在” “正” “正在”と”呢”を同時に使うこともできます。

正在睡觉()。
Tā zhèngzài shuìjiào (ne).
彼女は寝ています。

進行のアスペクトは英語を勉強したことがあると、「~ing」のイメージがあるので、さほど抵抗感はないかもしれませんね。

③動作の持続と状態の持続:着

動作の持続や、動作を行った結果の持続を表すには、動作の後ろに動態助詞”着”をつけます。

窗户关呢。
Chuānghu guānzhe ne
窓は閉まっていますよ。

④動作の完了:了

“了”は動作の完了を示しますが、動作自身が完了することであり、必ずしも過去に起こったこととは限りません。”了”は過去形ではなく、完了のアスペクトであるというゆえんです。

我今天早上喝两杯牛奶。
Wǒ jīntiān zǎoshang hēle liǎng bēi niúnǎi.
今朝牛乳を二杯飲みました。

“了”の使い方は、文末に置く方法などいろいろな使い方があるので、私にとっては一番使いこなすのが難しいアスペクトとなっています。”了”の用法については、別の記事にて投稿したいと思います。

⑤過去の経験:过

ある動作をしたことがあるという経験を表す場合には、”过”を使います。

我去中国。
Wǒ qùguo Zhōngguó.
私は中国に行ったことがあります。

中国語には時制はないけれども、「アスペクト」という動作が今どの段階にあるかを示す文法があるということについて、何となく理解して頂けたでしょうか?

「过」のように、比較的簡単なものもあれば、「了」のように使い方が様々なものがあり、制限もあるため、一番最初に出てくるものの、使いこなすのは難しい表現もあります。こちらも、だんだん慣れていく他なさそうです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする